筋トレでバストアップ

ベンチプレスでバストアップ

筋トレ,バストアップ

 

バストをアップさせるには、大胸筋を鍛える必要があります。大胸筋を鍛える方法の1つに、ベンチプレスで鍛える方法があります。ベンチプレスの重量は、体重が40キロの人の場合は8キロで体重50キロの場合は10キロが理想的です。

 

最初は軽いものから始めて、慣れてきたら少しづつ重くしていきます。バストは脂肪でほとんど出来ているため、バストが垂れ下がるのを防止してくれます。筋肉が収縮する前に程良く胸の動きの幅を持てるようになり、バストアップの目的で筋トレを行う事が出来ます。

 

ベンチプレスをする事で刺激を筋肉に与える事が出来て、胸の成長を促す事が可能です。ダンベルフルオーバーで小胸筋を筋肉を鍛えられて活性化されるため、同時に取り入れる事で効果を上げられます。筋トレを行う時は、1つ1つの胸筋使うようにすると刺激されます。

 

効果としては週2日行うのが良く、2.3セットを週に2回行うのが好ましいです。最高でも12回より多くの数をこなすのが難しい程度の重さで行うと効果が発揮されやすく、12回以下しか出来ないと効果が薄くなってしまいます。

 

今までバストアップを目指して筋トレを行っても挫折してしまった人には、ベンチプレスがお勧めです。

ペットボトルダンベルでバストアップする

筋トレ,バストアップ

 

ペットボトルダンベルでバストアップする方法は、500ミリリットルのペットボトルに水を満タンに入れてダンベルとして筋トレするだけです。ペットボトルなら手軽に手に入るものなので、自宅でいつでも簡単に大胸筋が鍛えられます。

 

ペットボトルを両手に持って、両腕を身体の横に伸ばすように仰向けに寝ます。息を大きく吐きながら、両腕を伸ばしたままペットボトルを持った両手を胸の上で合わせるように持ち上げていきます。肘をきちんと最後に伸ばす事で、伸ばす程負荷が大きくなるが肘を痛める危険もあるため注意が必要です。

 

肘を曲げすぎると、大胸筋が鍛えられなくなります。このため、大胸筋を開いているイメージで行います。10回を3セット行うようにすると、効果が出てきます。立って行う方法もあり、やりやすい方法で行います。軽く出来る人は負荷が軽すぎるため、1リットルや2リットルのペットボトルで行うようにすると負荷を上げられます。

 

それでも簡単に出来る人は、本当のダンベルを使って行うようにした方が良いです。大胸筋が鍛えられると、バストを支えている筋肉になるため垂れ下がるのを防ぐ事が出来ます。またハリのあるバストが保てるようになり、綺麗なバストが作れます。

ペットボトルエクササイズでバストアップ

筋トレ,バストアップ

 

ペットボトルを使ってエクササイズをして、バストアップする方法があります。500ミリリットルのペットボトルを2本用意して、中に水を入れます。仰向けになって膝を立てて、両手にペットボトルを持ちます。左右の耳にペットボトルを付けて、息を吐きながらゆっくりと肘を伸ばしてペットボトルを持ち上げます。

 

息を吸い込みながら元に戻して、これを10回1セットとして1日2セット行います。呼吸を止めないようにして、意識して呼吸をするようにします。これで大胸筋を鍛える事で、バストアップをしていきます。腕立て伏せ等の筋トレがきついと思う人は、ペットボトルエクササイズを行ってバストアップをすると良いです。

 

大胸筋を鍛える事で、バストが上向きになり鍛える事でブラを外しても形が美しくなります。ペットボトルで出来るので、自宅で簡単に行えます。他にもやり方はあり鍛えたい筋肉によって、方法が異なります。それぞれに合わせた方法を選んで、取り組むようにすると効果的です。

 

500ミリリットルでは負荷が足りないと感じた人は、1リットルにすると負荷が大きくなるため更に効果が高くなります。また中に入れる水の量を調節して、適切な負荷になるようにしましょう。

バストアップにはジムで筋トレ!?

筋トレ,バストアップ

 

 美しい胸はみんなの憧れなので、最近バストアップを目指されている女性は多いのではないかと思います。バストを大きくする方法にはさまざまなものがありますね。キャベツが効果的だとか、牛乳を飲むとバストアップになるとか…。補正ブラもありますね。しかし、大事なポイントを忘れていませんか?バストをキレイにするためには、筋肉も必要だってことを。

 

 筋肉といえばまっちょな男性を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、バストを支える筋肉というのももちろん存在します。これを鍛えることによって、加齢によるバストの垂れ下がりを予防することができ、結果として美しい胸を手に入れることが可能となります。

 

 バストアップにつながる筋力トレーニングはさまざまな種類がありますが、自宅でやるよりはジムで詳しく教えてもらったほうが分かりやすいのではないでしょうか。胸を大きく見せることのできるブラジャーや豊胸手術などたくさんの解決法がありますが、胸筋を鍛えることでバストアップできるならやらないに越したことはないですよね。スポーツジムで胸を大きくすることができるというのは意外ですが、一つの健康的な方法としてぜひ実践されることをオススメします。

バストアップゼリーのおすすめはコレ!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方は、トップページでバストアップゼリーのおすすめをチェックしてみてください^^